パフォーマンスに関する情報をお届けします
健康

起床時心拍数と疲労の関係

起床時心拍数と疲労の関係
2021年8月19日
こちらの記事では、起床時の心拍数と疲労の関係ついての説明をしている記事になります。どれくらい変わるとどういう状態なのかなど説明していきます。

疲労とは

日本疲労学会では、以下のように定義しています。

「疲労とは過度の肉体的および精神的活動、または疾病によって生じた独特の不快感と休養の願望を伴う身体の活動能力の減退状態である」1)と定義されています。疲労は、心身への過負荷により生じた活動能力の低下のことを言い、思考能力の低下や、刺激に対する反応の低下、注意力の低下、注意散漫、動作緩慢、行動量の低下、眼のかすみ、頭痛、肩こり、腰痛などがみられます。

疲労の原因とメカニズム

こちらの記事によると以下のように記載があります。

ストレスによって免疫機能が落ち、神経やホルモンのバランスが崩れ、それが脳や身体に影響して「疲れた」と感じるようになります。

心身のバランスに影響する5つのストレス

  • 精神的なストレス(職場や家庭での人間関係や、仕事のプレッシャーなど)
  • 身体的なストレス(長時間労働や、スポーツの過度なトレーニングなど)
  • 物理的なストレス(紫外線や騒音、暑さ、寒さ、不快な湿度など)
  • 科学的なストレス(住宅の建材に含まれる化学物質、野菜の残留農薬など)
  • 生物学的なストレス(風邪やインフルエンザを引き起こすウィルス、細菌、寄生虫など)

また、こちらの記事では、スポーツ医局が定義する条件が以下と定義されているそうです。

スポーツ医局が定義する「疲労状態にある4条件」

  1. 「脈拍」がいつもと違う
  2. 「就寝時間」「起床時間」が定まっていない
  3. 体の要「腰」が痛い
  4. 胸で浅い呼吸をしている

起床時心拍数と疲労の関係

こちらの記事によると、スポーツ医学では、起床時の心拍数と疲労の関係が強く認められています。
疲労症状の高まりと並行して起床時の心拍数が増加すると言われています。
いつもより5拍以上高い場合は、少し溜まっているかの性があり、10拍以上あるとかなり溜まっている可能性が高いので、ご注意ください。
1点注意点があり、心身的疲労は回復しているが、主観的には疲労が残っていると感じることがあるという研究結果がありますので、主観とのギャップがある場合は、心身的にどういう状態かという理解にお使いください。

まとめ

身体的疲労を計測したい場合、起床時心拍数の変化を常に見ることが大事です。
プロアマ両方のトレーナーの何人かにお話を聞かせていただいた時に、起床時の心拍数をとって体調、疲労のチェックを行っているそうです。
疲労が溜まりやすいなと感じる方や、大事な試合や商談などに向けてコンディションを整えたい方は是非試してみてください。

参考文献