パフォーマンスに関する情報をお届けします
睡眠

ピッツバーグ睡眠質問票について

ピッツバーグ睡眠質問票について
2021年7月12日
睡眠研究で最も使われるピッツバーグ睡眠質問票について解説します。

ピッツバーグ睡眠質問票(Pittsburgh Sleep QualityIndex;PSQI)は,主観的な睡眠の質や睡眠障害の症状を評価するために開発された質問紙である。
睡眠障害のスクリーニングや治療による変化指標(アウトカム)に用いられている.
過去 1か月間の睡眠について,オープン・クエスチョンならびにLikert尺度からなる計 18項目の質問に回答する.
回答は,7つのコンポーネント(睡眠の質,睡眠時間,入眠時間,睡眠効率,睡眠困難,睡眠薬の使用,日中の眠気)に分類され,得点化される.
7つのコンポーネント得点を合計し,PSQI総合得点を算出する.
PSQI総合得点の範囲は 0~ 21点で,得点が高いほど睡眠が障害されていると判定される.
PSQIは,睡眠全般を評価するうえで非常に信頼性・妥当性の高い尺度であり,日本語版(PSQI-J)も開発されている.
カットオフ値はオリジナル版と同様 5.5点で,6点以上は「睡眠に障害がある群」とされている.